ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.11.26 Monday

今度こそ竿納め

不遇だった今シーズン。

 

どうにもすっきりしない。

 

連休は天気に恵まれたので行っちゃいました。

 

釣り場は貸し切り。

 

お昼前から陽が陰るまでの3時間。

 

のんびりできた。

 

 

先ずは、カメラで観察。

 

ライズしている。

 

シメシメ。

 

もう落ち葉が散っているので先月より釣りやすい。

 

 

やる気を出してフライを結ぶ。

 

今日はシラメ釣りのトレーニングだ。

 

ティペットは0.15、フライは#20。

 

老眼ではこれが限界。

 

 

とりあえず一匹釣れるとほっとする。

 

この時期に元気のいいのは20センチ前後の子たち。

 

それでもちょっと顎がしゃくれているとうれしい。

 

 

ほぼ養殖魚なのだが、変化に富んでいて退屈しない。

 

いろんなタイプが釣れるのだ。

 

 

マダラ+花魁系。

 

 

コイツも同じタイプ。

 

ミッジはなかなか掛からない。

 

だがいったん掛かると意外に外れない。

 

口周りの堅い部分に鉤が掛かるからだ。

 

 

紀州のアマゴを連想させる子も釣れて嬉しかった。

 

結局シラメは釣れず。

 

すでに下ってしまったか?

 

 

それでも、思いがけないきれいな魚体にシャッターをたくさん押した。

 

管釣のすれっからしを攻略できていい気分。

 

こんどこそ竿納めだ。

2018.11.26 Monday

続々・土岐川散策

多治見へ来ると必ず土岐川が気になってしまう。

 

水がきれいなのでついつい橋の上から覗き込むことになる。

 

風のない日なら絶好だ。

 

 

最近は川をのぞき込んでいる人によく出会う。

 

そんな方と情報交換しながら観察してみる。

 

いつもながらこの子たちが元気だ。

 

 

よく肥えている。

 

健康状態の良さそうだ。

 

 

大小様々で飽きない。

 

ニゴイの稚魚たちはもう見当たらなかった。

 

その代わりシラハエがむれていた。

 

 

でもやはり主役は鯉たち。

 

 

自然の状態の観察ができるのがいい。

 

 

魚たちが深場に落ちていくと本格的な冬の到来となる。

 

小春日和のちょっとした楽しみ。

2018.11.21 Wednesday

江戸で使われた駄知の焼き物

美濃陶磁歴史館で「瀬戸物として売られた美濃焼」特別展を見てきた。

 

 

この中で気になったのが、尾張藩麹町邸で発掘された仏花瓶。

 

 

これはすぐにピンときた。

 

駄知もんだ。

 

鉄釉に長石釉が散らしてある。

 

駄知で焼かれた拳骨茶碗に見られる独特な技法だ。

 

 

うちから出てきたものに同じようなものがあった。

 

多くの美濃の焼き物が江戸へ出ていたことだろう。

 

その中でも駄知と特定できると嬉しいものである。

2018.11.15 Thursday

初ナメコ

「地元の山でナメコが出ている。」と友人が教えてくれた。

 

ナメコは採ったことのないキノコだ。

 

北国ではポピュラーなキノコでも私の地元では珍しい。

 

友人も私も初めて見る自然の姿だった。

 

 

沢沿いの桜の倒木に生えていた。

 

写真を撮るために同行させてもらった。

 

ちょうど食べごろかな?

 

 

マツタケしか興味のない友人や自分には縁がなかった。

 

そういえば、マイタケも地元で採れるようになった。

 

温暖化と言われるが、むしろ北国のキノコが南下してきたような気がする。

 

 

図鑑で見たように倒木に並んで生えている姿はちょっと感動だった。

2018.11.12 Monday

晩秋の郡上八幡

踊り納以来の郡上の街。

 

季節は間違いなく移っていた。

 

 

お城は紅葉のイベントで賑っていた。

 

快晴の午後。

 

 

観光客が夏にも負けないぐらい。

 

 

カメラを持っての散歩はなかなか進まない。

 

 

風景を撮っては川を覗く。

 

釣り人の習性。

 

 

コイ科のお魚たち。

 

 

ライズしているのもシラハエだった。

 

 

いがわの小径でもアマゴを探してしまう。

 

夏から比べるとサイズアップしていて婚姻色も出ていた。

 

 

産卵はもう少し先なんだろうか?

 

 

宗祇水の柳だけ青々としていて存在感があった。

 

何度来ても癒される街だね。

 

2018.11.05 Monday

続・土岐川散策

昨日の午後、せっかく多治見に来たので川を覗いてみた。

 

アユは発見できなかったが、退屈しない。

 

 

鷺や鵜がいるということは魚がいる証拠。

 

案の定。

 

 

前回より数が増えた気がする。

 

昭和橋上流の左岸側だ。

 

 

それにしてもすごい数。

 

アップしてみる。

 

 

見慣れない魚。

 

どうやらニゴイの子供のようだ。

 

稚魚がこんなにいるのに親の姿はほとんど見ない。

 

やっと一匹。

 

 

地元でも食用にしないこの魚は増え放題なんだろうか?

 

鵜の餌になっているのかもしれない。

 

こちらのマゴイは何匹も悠然と泳いでいる。

 

 

ここから下流の笠原川合流点まで歩いてみた。

 

 

これだけ水質がよくなるとこの魚道も意味を持ってくる。

 

きれいになった笠原川でも魚影を発見。

 

ホッとした気持ちになる。

 

 

川の魚は釣るだけでなく眺めて楽しむこともまた良し。

 

と言いながら、帰りに高級食材発見。

 

 

狩猟本能を刺激されてしまった。

 

土岐川が楽しめる川に変貌しつつあることを実感した次第。

2018.10.30 Tuesday

異変・土岐川のアユ

異変と書いたが、いい話。

 

昨年、今年と大水が出てアユは不漁だった。

 

自然には逆らえないので仕方のないことだ。

 

それでも土岐川は豊かな川に変貌しつつある。

 

それが私の実感。

 

まず、今年のハイライト。

 

小里川に出現した大量のアユだ。

 

 

これ見てほしい。

 

 

7月末の小里川ダムより下流の小里城大橋のかかる辺りの様子だ。

 

8月末には100グラムを超えるようなアユもいた。

 

ここには漁協のアユは放流されていない。

 

 

ここを乗りこぼれてきたとしか考えられない。

 

今年は5月から結構な量の放水が続いていた。

 

それに乗じてダムからアユが下ったようだ。

 

以前、ダム上流には琵琶湖産のアユが放流されていた。

 

その末裔たちがここで自然繁殖しているのだ。

 

それにしても夥しい数のアユだった。

 

アユは遡ることしか能がないと思っていたが、ちゃんと生きる術を知っていた。

 

網の解禁日にはたくさん獲ったグループがいたらしい。

 

自分ももっと大きくなってからやろうと欲を出したら、その前に大水が出て終了してしまった。(泣)

 

来年からも同じ時期の放水をしてくれることを期待しよう。

 

釣り人には嫌われがちなダムだが、こういう恩恵は想定外だった。

 

一方で、伊勢湾から遡上する天然アユもいる。

 

土岐川が玉野川と呼ばれるようになる岐阜と愛知の県境辺りまでは確認できる。

 

昨年、今年と遡上が増えているようだ。

 

アユだけでなく他の魚も豊富で驚かされる。

 

 

これは昨年の6月の画像。

 

玉野の堰堤の下流で撮ったもの。

 

この年はサイズも数も過去最高だった。

 

大いに期待したが、やはり大水でどっかへ行ってしまった。

 

 

これは今年の食み痕。

 

獲れなくても見るだけで充分堪能させてもらった。

 

 

これも8月のもの。

 

定光寺の駅の前の橋のすぐ下。

 

結構な型だった。

 

大量のシラハエにも驚いた。

 

もう少し遡上量が増えれば、多治見あたりでアユ釣りする姿が見られるようになるかもしれない。

 

今後に期待しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.29 Monday

はぐれアユ

多治見市内の昭和橋の上流。

 

 

通りがかりに下を覗くと小魚の魚影を見つけることができる。

 

 

シラハエとニゴイの稚魚たち。

 

 

もちろん、王様もいる。

 

 

コイ科の魚の独壇場だ。

 

だが、土岐川の七不思議。

 

ウグイがいないのだ。

 

砂地を嫌うのか?弱アルカリの水質が合わないのか?

 

あんな雑魚の代表選手がこの川にはいない。

 

生息の報告もあるようだが、私は見たことがない。

 

何故だろうなんて考えながらウォッチングしていると、明らかに泳ぎの違う魚が一匹だけいた。

 

間違いない。アユだ。

 

 

アユ釣りやる人なら目敏く見つけるだろう。

 

まだ、若い。

 

毎年、この時期にこの場所に現れる。

 

小砂利のまじるこういう場所で産卵するという。

 

ここはそんな環境なのかもしれない。

 

今年は残念ながら一匹しかいない。

 

縄張りを持つことで知られるアユだが、一匹オオカミのように単独でいることはない。

 

むしろ群れで行動する。

 

だからこの一匹だけのはぐれアユは極めて珍しかった。

 

周りを隈なく探したがやはりいなかった。

 

・・・・・

 

帰宅後、いっぱい撮った写真を確認するともう一匹写っていた。

 

 

ちょっとだけほっとした。

 

・・・・・

 

今の時期にいるアユは間違いなく海産系の鮎だ。

 

考えられるのは伊勢湾からの遡上魚か、漁協が放流した県の魚苗センターの鮎だ。

 

おそらく後者だろう。

 

この魚苗センターのアユは優秀だ。

 

歩留まりがよく大きくなる。

 

11月まで残ってくれて楽しませてくれるアユだ。

 

今年は大きな出水があり全部流れてしまったとあきらめていたのだが。

 

残っていてくれてうれしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.24 Wednesday

高野先生の上段

最近、上段からの面が決まらない。

 

当たるのだが、しっくり締まった打ちにならない。

 

構えをチェックしてみた。

 

左こぶしの位置が少し正中線からずれていることに気が付いた。

 

そういえば、高野佐三郎先生の上段の構えは左拳がずいぶん右に寄っていたことを思い出した。

 

ネットで調べても出てこない。

 

古い剣道雑誌の記事を探してみた。

 

 

千葉先生が表紙の「剣道日本」1988年9月号。

 

大事に保管していたこの本は上段の特集が組まれていた。

 

そこに高野先生が上段に構えた写真があった。

 

 

大野先生と馬場先生の対談のページで見つけた。

 

左拳は正中線の上というよりむしろ右目の上という印象だ。

 

SNSで後輩が指摘してくれた。

 

 

高野先生は右目が利き目だったのだろうか?

 

高野先生のこの写真とても貴重だ。

 

右手の握り、左手の握り、肘の位置、今にも面を打たれそうだ。

 

しばらくこの写真を眺めていよう。

 

 

2018.10.16 Tuesday

カワタケの思い出

今年は香茸が豊作だ。

 

先日もありがたい干し香茸をいただいた。

 

香茸のことを地元ではカワタケと呼んでいる。

 

 

カワタケをまるのまま紐に通して軒先に吊るして乾燥させていた。

 

この姿がとても懐かしかった。

 

子どもの頃、このカワタケが風呂の隅に置いてあった。

 

それを母があかぎれに擦りこんでいた。

 

地元に伝わる民間療法なのだ。

 

冬になると母の踵はあかぎれが酷かった。

 

まるで干からびた餅のようだった。

 

この香りを嗅ぐとあのひび割れた踵を思い出すのである。

 

もちろんカワタケごはんの味も忘れられない。

 

妹や弟にとってもおふくろの味のはずである。

 

毎年、母を思い出させてくれるカワタケに感謝。

Powered by
30days Album