ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.22 Tuesday

千載一遇

 

豊かな森に降り注いだ雨が谷に流れこむ。

 

タンニンを含んだ水は薄いウーロン茶のようだ。

 

そんな色の水が嵩を増やしていた。

 

小雨の降る夕方。

 

以前、大物をかけた時もこんな感じだった。

 

滅多にないチャンス。

 

だが、自分は竿を持たず息子と川へ降りた。

 

案の定。

 

 

イワナが騒いでいた。

 

目の前の浅い流れに大物が定位している。

 

毛鉤でも釣れる。

 

そう確信していても指を咥えているだけだった。

 

千載一遇。

 

こんな言葉が過った。

2020.09.16 Wednesday

ラストスパート 番外編

天気もいいし、水加減も良さそうだ。

 

息子と夕方に出かけた。

 

気負いがないと釣れるもんだ。

 

 

素晴らしいアマゴが釣れてしまった。

 

ドライフライにこだわっているとそうそう釣れる魚ではない。

 

 

おてんとうさまの下で撮れなかったのがちょっと残念だが。

 

 

お祝いしたい。

2020.09.14 Monday

激戦区

週末、息子と出かけた。

 

少しだけ早起き。

 

現地に着くと、奇跡的に駐車スペースが空いていた。

 

なので、当初のプラン通りに。

 

 

とりあえず、イワナにあえてホッとした。

 

続いて、息子にきれいな魚がヒット。

 

 

余裕ができて、釣りあがる。

 

すると

 

 

良型。

 

息子をさておいてしまった。

 

 

赤みを帯びた尺イワナ。

 

婚姻色なんだろうか?

 

あまり大物を釣ったことがないので、わからない。(汗)

 

貴重な気がしてパシャリ。

 

そして

 

 

きれいな魚ゲット。

 

またしてもガイド失格。(泣)

 

 

よく歩き靴はボロボロ。

 

身体もクタクタ。

 

二十歳の若者と勝負できただけ立派だよね。

 

次回は息子に大物が出てほしい。

 

2020.09.11 Friday

無頓着

剣道初めて半世紀が過ぎた。

 

長い間竹刀にはお世話になっている。

 

 

子供の工作の手伝いで作ったことがあるが、普段は市販の竹刀だ。

 

竹刀は慣れてくると使いやすくなる。

 

だが、ちょうどしっくりいく頃になると折れるのである。

 

新しいものを使うと、少しの間違和感があるがそのうちに使いやすくなる

 

その繰り返しで現在に至っている。

 

今は、握りの太さと重さだけ揃えてもらっている。

 

 

同じ仕様のもので数本用意しておく。

 

銘には拘らない。

 

竹が折れたら自分で組み替える。

 

・・・・・

 

最近、名人作の竹刀をいただいた。

 

使うととても感じがいい。

 

中段で打ち込むとずしっとくる。

 

すごく重く感じていた。

 

上段で使うとなおさらだった。

 

自分のイメージでは600g近いのではと思っていた。

 

気になって量ると全く普段の竹刀と同じ519g。(笑)

 

バランスがずいぶん違うのだ。

 

 

白いシールの位置が重心だ。

 

名人の竹刀は一番上。

 

5センチほど前にある。

 

これは大きい違いだ。

 

重心の位置(これをバランスというべきか?)でこれほど変わるとは驚いた。

 

いかに無頓着であったか。

 

中段用と上段用は分けてはいないが、ちょっと迷う。

 

これもしばらく使えば、自分のものになっていくんだろう。

 

竹刀から学ぶことがありそうだ。

2020.09.02 Wednesday

暑い夏

酷い暑さだ。

 

大好きな夏だが、ちょっとばてる。

 

 

雷は怖いけど、入道雲は好き。

 

 

夏と秋が混在している。

 

 

週末は早朝から野球の練習。

 

日中には無理。

 

 

練習後は、修道院の周りの散策。

 

 

一年を通じて楽しませてくれる。

 

早くコロナが収まってほしい。

 

 

2020.08.27 Thursday

ホトトギス

多分、ホトトギス。

 

声は聞くが、姿はなかなかお目にかかれない。

 

今朝、散歩の途中で偶然遭遇した。

 

 

最初はヒヨドリ?と思った。

 

シルエットがちょっと違う。

 

サイズもやや大きいか。

 

 

飛ぶ姿はハヤブサか?

 

 

顔は鳩だ。

 

 

胸の模様は鷹のようだ。

 

初めての撮影。

 

三文の徳でした。

2020.08.24 Monday

ニッコウイワナ

本来、伊勢湾にそそぐ川にはヤマトイワナが存在する。

 

一方で、日本海側にそそぐ河川にはニッコウイワナが生息する。

 

普段、木曽川水系で釣れるとちょっとがっかりするするのが、このニッコウイワナのタイプ。

 

しかし、今回名人のお誘いでニッコウイワナの楽園を訪れた。

 

本来そこにいるべき魚たち。

 

その美しさに感動してしまった。

 

 

ホームの河川で見るのとは違う気分になるのが不思議だった。

 

 

よく肥えた魚体は川の豊かさを反映している。

 

いくつか釣ると、なんか見覚えのあるタイプが釣れてくる。

 

 

こんな感じのイワナは木曽川水系にもいる。

 

ルーツが分かった気がした。

 

勉強になる遠征だった。

2020.08.18 Tuesday

アユは元気か?

土岐川の水位が下がったので、調査。

 

先ずは、小里川。

 

 

川を覗くといきなりこいつが。

 

招かれざる客だが、魚がいる証拠。

 

網の解禁ではあまり獲れなかったようだが、ちゃんといてくれた。

 

 

小さなアユが群れている場所もある。

 

 

これらはダムで繁殖して下流へ落ちてきた魚。

 

続いて、ヒヤリ谷へ。

 

 

さすがに盆休みでにぎわっていた。

 

 

雑魚は確認できたが、アユの撮影はできない。

 

だが、食み痕らしきを発見。

 

潜ってこの目で確かめてみた。

 

数は少ないがちゃんと残っていた。

 

下流でも食み痕を見つけたので期待できる。

 

川底では久しぶりにカワヨシノボリを発見。

 

復活したのはとてもうれしい「事件」だった。

 

酷暑の中を今度は多治見へ。

 

 

昭和橋。

 

やはり、この子たちが元気だった。

 

 

そして橋の下流でアユを見つけることができた。

 

 

このアユが天然遡上であるのか、放流物なのかはわからない。

 

今年の大雨に耐えた魚に敬意を表したい。

 

最後は、玉野川。

 

 

アユは確認できなかった。

 

痕跡のみ。

 

 

水位の高かった時期に食んだ痕だ。

 

今は水温が高すぎるのか?

 

遡上して行ったのか?

 

それでも天然遡上の証拠を見つけることができた。

 

秋にもう一度調査してみよう。

2020.08.16 Sunday

他人の空似?

木曽と飛騨をメインに釣りしている。

 

釣れるアマゴにその年の傾向があるように感じている。

 

ある年は、マダラ系が目立った。

 

それは川が違ってもよく似た魚が釣れたということだ。

 

その年の天候によるのか?

 

それとも、放流魚の種のせいなのかわからない。

 

今年は変わったパーマークのアマゴによく出会う。

 

違う水系なのにそっくりさんがいたりする。

 

 

こんなパーマークが今年のトレンドか?

 

 

この二匹とも別の川のアマゴだ。

 

肌の色艶もよく似たイメージだった。

 

 

この子たちも別々の川だ。

 

発眼卵の出荷元が同じなのか?

 

元々の原種なのか?

 

よくわからないが、想像してみるのも楽しみの一つだ。

2020.08.13 Thursday

探索

県をまたがないで釣行。

 

 

今まで竿を出したことのない渓を二日間かけて探索してみた。

 

 

初日は全くのボウズ。

 

イワナの生息すら確認できなかった。

 

居ないことを確かめるのも体力が要る。

 

二日目。

 

疲れは残るが、好奇心には勝てない。

 

 

初めての谷は期待でわくわくする。

 

橋の上から覗くと

 

 

とりあえず魚影発見。

 

興味はサイズではなくヤマトイワナかどうか?

 

早速、釣り開始。

 

 

良型だったが、ヤマトにあらず。

 

でも綺麗な水に澄む魚は美しい。

 

 

一本目の谷はヤマトっぽいのさえ居なかった。

 

白い斑点を背に背負っていた。

 

 

それにしても綺麗。

 

 

虹色のイワナ。

 

外道と言ったら叱られる。

 

二本目の谷。

 

 

ここはチビばかり。

 

それでもヤマトっぽいのが釣れてきた。

 

 

ちょっと怪しいけど、ヤマトといえばヤマトでいい気がする。

 

 

結局、この二匹が収穫となった。

 

ひょっとしたら、この谷のさらに上流に種が残っているかもしれない。

 

そんな期待を残して探索は終了。

 

 

Powered by
30days Album