ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.08.18 Tuesday

アユは元気か?

土岐川の水位が下がったので、調査。

 

先ずは、小里川。

 

 

川を覗くといきなりこいつが。

 

招かれざる客だが、魚がいる証拠。

 

網の解禁ではあまり獲れなかったようだが、ちゃんといてくれた。

 

 

小さなアユが群れている場所もある。

 

 

これらはダムで繁殖して下流へ落ちてきた魚。

 

続いて、ヒヤリ谷へ。

 

 

さすがに盆休みでにぎわっていた。

 

 

雑魚は確認できたが、アユの撮影はできない。

 

だが、食み痕らしきを発見。

 

潜ってこの目で確かめてみた。

 

数は少ないがちゃんと残っていた。

 

下流でも食み痕を見つけたので期待できる。

 

川底では久しぶりにカワヨシノボリを発見。

 

復活したのはとてもうれしい「事件」だった。

 

酷暑の中を今度は多治見へ。

 

 

昭和橋。

 

やはり、この子たちが元気だった。

 

 

そして橋の下流でアユを見つけることができた。

 

 

このアユが天然遡上であるのか、放流物なのかはわからない。

 

今年の大雨に耐えた魚に敬意を表したい。

 

最後は、玉野川。

 

 

アユは確認できなかった。

 

痕跡のみ。

 

 

水位の高かった時期に食んだ痕だ。

 

今は水温が高すぎるのか?

 

遡上して行ったのか?

 

それでも天然遡上の証拠を見つけることができた。

 

秋にもう一度調査してみよう。

2020.07.30 Thursday

雨にも負けず

岐阜県は豪雨で大きな被害が出た。

 

そんな中で土岐川水系は幸いにも大きな被害は無かった。

 

少し水が引いたので、お昼休みに川を覗いてみた。

 

まずは、ひやり谷。

 

久しぶりに試験放流したので、心配だった。

 

 

アユらしき魚の姿はチラっと見えたが、写せなかった。

 

だが、この石の色。

 

アユ釣りやる方ならわかると思う。

 

定着している可能性ありだ。

 

続いて、小里川へ。

 

ここでは、アユの撮影に成功。

 

 

とりあえず、パシャリ。

 

しばらく観察していると、群れが食みだした。

 

 

ダム湖産のアユであることは間違いない。

 

 

コロナのニュースばかりで暗かった気持ちが少しほぐれた。

 

もう少し水が澄んだら続報予定。

 

2020.06.04 Thursday

土岐川のアユ2020

コロナウィルスの影響で心配されたが、アユの放流をすることができた。

 

昨日の午後、瑞浪の明徳橋の上流でアユの到着を待った。

 

 

場所の説明をするよりこの写真のほうがわかりやすいだろう。

 

この辺りは母の実家に近く、少年時代の遊び場だった。

 

当時からこの場所に堰堤があり、シラハエを追いかけたものだ。

 

近年ここに素晴らしい魚道がついた。

 

 

アユ釣りのメッカ郡上のものにも負けないんじゃないかな?

 

 

せっかくの魚道、伊勢湾のアユが遡上してくれるのが夢だ。

 

定光寺の玉野川堰堤をうまく越すことができたら実現するかもしれない。

 

天然アユはそこまで来ている。

 

そんなことを友人と話しているとアユが到着した。

 

 

私の任務はここから支流の放流分を運ぶこと。

 

2年ぶりに駄知にもアユを入れることができた。

 

 

東窯橋から見ると水質は良さそうだった。

 

近所の人も見物に来て楽しく任務完了。

 

夏の間、川を覗いて楽しんでもらおう。

 

 

今年は上流の川谷にも入れることができた。

 

この淵は「どどぬけ」と呼ばれる子供たちの遊び場だった。

 

高校時代まで夏は毎日ここで魚を追いかけていた。

 

今は自分が放流している。(笑)

 

ここが「小鮒釣りし、かの川」に戻ってほしい。

 

 

Powered by
30days Album