ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土岐川のアユ2020 | main | 駄知の由来 >>
2020.06.10 Wednesday

工場のイソヒヨドリ

地元でこの鳥を初めて見たのは3年前。

 

 

調べてみるとイソヒヨドリだと分かった。

 

会社の脇の電柱のてっぺんでさえずっていた。

 

工場の屋根のどこかに巣があるようだった。

 

以来、毎年子育てをしてきた。

 

ところが、今年は異変が。

 

新型コロナ過で製造が長期に停止してしまったのだ。

 

普段と違う静かな工場の中は、まったく安全な場所だったようだ。

 

そんな中、また仕事が始まった。

 

工場の二階に上がると、鳥の糞だらけ。

 

そしてけたたましい声が響いた。

 

 

どうやら、巣立った雛が隠れているようだ。

 

 

オスと比べるとまったく地味なメス。

 

その横でオスが警戒音を立てている。

 

鬼気迫る声に、私の髪は逆立ちそうだった。

 

 

子を守ろうとする親の気迫はものすごい。

 

 

感動を憶えながらシャッターを切った。

 

 

 

ムカデを捕まえてきたメス。

 

たくましさに感服。

 

 

まだ、外の世界に出るにはおぼつかない雛。

 

無事に育つことを祈っている。

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album