ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暑い夏 | main | 激戦区 >>
2020.09.11 Friday

無頓着

剣道初めて半世紀が過ぎた。

 

長い間竹刀にはお世話になっている。

 

 

子供の工作の手伝いで作ったことがあるが、普段は市販の竹刀だ。

 

竹刀は慣れてくると使いやすくなる。

 

だが、ちょうどしっくりいく頃になると折れるのである。

 

新しいものを使うと、少しの間違和感があるがそのうちに使いやすくなる

 

その繰り返しで現在に至っている。

 

今は、握りの太さと重さだけ揃えてもらっている。

 

 

同じ仕様のもので数本用意しておく。

 

銘には拘らない。

 

竹が折れたら自分で組み替える。

 

・・・・・

 

最近、名人作の竹刀をいただいた。

 

使うととても感じがいい。

 

中段で打ち込むとずしっとくる。

 

すごく重く感じていた。

 

上段で使うとなおさらだった。

 

自分のイメージでは600g近いのではと思っていた。

 

気になって量ると全く普段の竹刀と同じ519g。(笑)

 

バランスがずいぶん違うのだ。

 

 

白いシールの位置が重心だ。

 

名人の竹刀は一番上。

 

5センチほど前にある。

 

これは大きい違いだ。

 

重心の位置(これをバランスというべきか?)でこれほど変わるとは驚いた。

 

いかに無頓着であったか。

 

中段用と上段用は分けてはいないが、ちょっと迷う。

 

これもしばらく使えば、自分のものになっていくんだろう。

 

竹刀から学ぶことがありそうだ。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album